のぼりでランチタイム営業をアピール!

オフィス街は飲食店が密集しており、お店が目立ちにくい地域です。ランチタイム営業をしているお店は、のぼりを出すことがおすすめです。アピールと共に、お客さんが入りやすい環境を作ることが出来ます。

のぼりを活用しよう!

のぼりでランチタイム営業をアピール!

街に出かけると目にする「のぼり」は、わたしたちにとってお得な情報や名産を知らせてくれるアイテムでもあり、店舗としても宣伝材料として効果が期待できるものです。

オフィス街には飲食店がたくさんありますが、外観だけでは夜だけの営業をしているお店か、ランチタイムも営業しているお店かを判断するのは難しいものです。

「営業中」の札を下げていたとしても、それだけでは素通りされてしまう可能性も高く、せっかくのチャンスを逃がしてしまいます。

そこで、のぼりを出して、ランチタイムも営業していることをアピールする、ということが大切になります。

通る方へランチタイム営業中であるアピールはもちろん、店の存在が遠くからでもすぐ分かるのも嬉しいことです。

お客さん側にとっても、何も掲げていないお店は、「なんだかちょっと敷居が高い」という印象を持ちがちです。

しかし、のぼりが出ていると「どうぞお入りください」といったフレンドリーな印象を与えることが出来るため、今までお店に興味があっても「入りにくい」と感じていた方も足を踏み入れてくれるのではないでしょうか。

高いコストがかかるチラシなどの広告を出すのも良いのですが、1度作ると何度も使えるのぼりは、コスト面でも優等生です。